福山雅治 ライブチケット掲示板

福山雅治の全公演に対応したライブチケット売買専用の掲示板です。良席、売り切れチケットの売買が簡単に行うことができる日本最大級の総合チケット掲示板です。公演データから公演名、公演日を選んで簡単に書き込み、返信ができます。登録不要で簡単にご利用頂けます。福山雅治のセットリストで予習・復習するともっとライブが楽しくなりますよ。

<PR>キャンキャンチケキャン♪のCMでおなじみ!福山雅治のチケットを売買するならチケットキャンプ!

福山雅治 チケット掲示板 ご利用ルール

  • 福山雅治のチケット売買以外の書き込みは禁止です。見つけ次第、直ちに削除いたします。
  • 自分、他人の個人情報の書き込みは絶対に行わないでください。
  • チケットの受渡しは、中身が見える封筒を利用して代引き、または手渡しで行なって下さい。
  • チケット掲示板は自己責任でご利用ください。取引中でも怪しいと感じた時は、直ちに取引を中止してください。
  • 掲示板の最新書き込みはチケット掲示板Twitterでリアルタイム配信中!

<PR>福山雅治のチケットオークションなら即決チケットが見つかる!

<PR>チケットの交換なら交換専門のチケット掲示板をチェックしよう


投稿日
17/3/31 (金) 12:13

福山雅治

4/8スカイツリー探してます

名前
まーしゃろー

4/8ドライCM撮影スカイツリー参加探してます。
同行者募集の方、余分にお持ちの方いらっしゃいましたらご連絡お待ちしております。
よろしくお願いします。

返信

投稿日
17/2/16 (木) 14:45

福山雅治

譲って下さい

名前
すず

会場前の手渡し希望です。チケット1枚
お願いします。

返信

投稿日
15/2/4 (水) 13:03

福山雅治

チケット詐欺にお気をつけください。

名前
さ。

‘‘イノクチ オサム’’とゆう名義でチケット詐欺してる人がいます。本当は男で、掲示板に書き込むときは女の名前で書き、やりとりでも、名前が違うのは「旦那の名義」とか言って自分のところに振り込ませます。

まず代引は無理と言ってきます。あと直接手渡しの場合だと、会場よりも、離れた場所を指定してきて、こちら側が‘‘行けない’’と断るのを待っています。そして振込とゆう流れに持っていきます。

振込したら音信不通で連絡が途絶えます。

口座はこれです
ゆうちょ銀行
七四八支店
普通一0ニ五八五0
イノクチ オサム

アドレスは、ナンダシハズカシ、でヤフーです。

他のライブ掲示板でもたくさん詐欺をしています。イノクチ オサム で検索すれば一発で出てきます。

イシカワ リイヤ
マツモト ダイキ
イノクチ オサム
これは全部同一犯です。
名前をころころ変えて騙しているので皆さんお気をつけください。

これ以上被害者を出したくないです。一人でも多くの人の目に行き届いてほしいです。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:42
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。105

投稿日
14/12/20 (土) 11:36

福山雅治

詐欺にご注意を

名前
見てください!

これ以上被害者を
増やさないため
書かせて頂きました。
クマベマサミツ名義の
口座は気をつけて下さい!!
私も福山雅治さんの掲示板にて
被害にあいました。
詳しくは嵐の掲示板を
見てください!(;_;)

返信

投稿日
14/12/20 (土) 19:49
名前
2197さんに同意

私も年越しチケットを譲ってくれる方見つかりチケット代振り込んだのに
数日前に連絡したらメール返信なし電話も 全く繋がりません。 広島の重岡と言う女です。みなさんも気をつけてくださいね! 週明けに振り込んだ証明などを持って警察に行きます

投稿日
14/12/21 (日) 01:12
名前
(>_<)

被害者たくさん居ると思いますよp(`Д ́)q
振込を指定してく本当に掲示板はまず怪しい。
代引きにしてほしいと連絡しても先振込のみって返事されました。
本当に掲示板は詐欺が多いですね。

投稿日
14/12/21 (日) 16:00
名前
とりあえず

ゆうちょ銀行と自身が利用された銀行にも、組戻しとう手続きを行ってください。

投稿日
14/12/21 (日) 19:07
名前
(-_-)

とりあえずさんに お聞きしたいのですが組戻しとは どのようにゆうちょ銀行に説明したら いいでしょうか?

今回ゆうちょ銀行に振り込んで連絡とれなくなり 振り込んだ金額を取り戻したいのです。

投稿日
14/12/21 (日) 21:33
名前
郵便局で

ゆうちょ銀行のサイトに行って調べてみました。
できますかね?明日、郵便局に行ってみたいと思います。
私も、やってしまいました・・・
直接手渡ししないと、ダメですね。
深く反省します。

投稿日
14/12/21 (日) 22:35
名前
とりあえず

組戻しとは、自分が振り込みした金融機関に、取り消しを依頼することです。が、相手先が承諾しないと戻してはくれません。
万が一、承諾した場合には組み戻し手数料がかかりますが、ほとんどはゆうちょの口座が凍結されている可能性が高いです。
色々なサイトでも詐欺にあわれたかたが書かれていましたが、相手先はゆうちょ748支店が多く、九州や広島といった遠方を理由に先振り込みを要求しますね

ほんとに、人でなしの犯罪者だ

みなさん、気をつけましょう

投稿日
14/12/21 (日) 23:14
名前
(-_-)

とりあえずさん ありがとうございます 748の広島の女でした、、、、 年越しのチケットで2ヶ月前に振り込んでるので組戻しの期間過ぎてしまってるでしょうね、、、、 同じ被害に合ってる方居るでしょうから明日郵便局で聞いてみます。組戻しが無理なら 警察に相談してチケット代絶対取り戻します

投稿日
14/12/22 (月) 15:35
名前
まふみ

ゆうちょで、被害にあったら...まず、コールセンターに電話するといいですよ。
ちゃんと、動いてくれます。
ただ、ただ...純粋にライブに行きたい、人たちを騙すなんて。めちゃくちゃダメダメな人たちですね。
警察にも、相談したら...メールとか証拠になるものを写真に撮ってくれます。
こういう、個人の掲示板のほとんどが詐欺だそうです。
皆さま気を付けましょうね。
まふみ

投稿日
14/12/23 (火) 14:13
名前
(ノ_・。)

私も被害に遭いました。
宮崎の方でしたね。他にも同じような怪しい感じで掲示板に載せてたので、代引きで出来ないですか?って返信してからメールが来なくなりました。
全て先振込で、ゆうちょ銀行の748支店 で九州が共通点でした。
警察にも行きました。
このサイトは詐欺が多すぎます。
これ以上 被害者が出ないように、管理者の方 お願いします!!

投稿日
16/12/31 (土) 03:42
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。104

投稿日
14/5/2 (金) 03:05

福山雅治

詐欺注意してください

名前
ななし

この、掲示板には詐欺目当てで何度も書いているひとがいます。
みなさん、先払い要求など注意してお取り引き下さい。
特に貴重なSSは皆が譲って欲しいはずなので焦らずに冷静なお取り引きを心がけ下さい。

返信

投稿日
14/5/2 (金) 09:27
名前
りん

なんと言う方ですか?
もしかしたら...

投稿日
14/5/2 (金) 10:03
名前
さら

もしかして折口ですか?

投稿日
14/5/2 (金) 12:45
名前
ななし

名前は色々かえているようです。
とにかく先に振り込んだらダメです。
入金した時点であなたの権利ですとか言われましたが
焦らないでよく考えて対応しましょう。
チケットを手に入れたい気持ちはみな一緒でしょうが詐欺にあっては意味がありません。

投稿日
14/5/2 (金) 12:45
名前
ななし

名前は色々かえているようです。
とにかく先に振り込んだらダメです。
入金した時点であなたの権利ですとか言われましたが
焦らないでよく考えて対応しましょう。
チケットを手に入れたい気持ちはみな一緒でしょうが詐欺にあっては意味がありません。

投稿日
14/5/2 (金) 13:41
名前
ゆめりん

前回のツアーの時、先に振込みしましたがちゃんとチケット来ましたよ。
あまり中傷的なこと書くとみんな不安になります。
掲示板荒らしですか?

投稿日
14/5/2 (金) 13:59
名前
福岡太郎

ウチのこと?

取り敢えず、チケットあるし、詐欺するつもりもありません。

福山雅治のファンって、不安を煽りする人しかおらんの?(笑)

投稿日
16/12/31 (土) 03:41
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。103

投稿日
14/4/29 (火) 01:49

福山雅治

求みます!

名前
折口楓

こちらのサイトでチケット詐欺がありました。
折口となのります。
弁護士サイトなどにも乗っていますので確認ください。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:41
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。102

投稿日
14/3/27 (木) 01:23

福山雅治

詐欺です。

名前
製パン王

実名は良くないかもしれないですが、遠藤と言う宮城県の女性にヤフオクで詐欺に合いました。
SS席を2組出品して、チケットが到着した、今週から連絡が取れなくなりました。
身に覚えあるかたは、詐欺にあってますよ。
色々な理由を付けて、発送を遅らせている様です。

返信

投稿日
14/3/27 (木) 10:10
名前

今回のドームツアーのチケット詐欺たはつしてますね?
私もヤフオクで詐欺にあいました

投稿日
16/12/31 (土) 03:41
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。101

投稿日
14/3/1 (土) 11:15

福山雅治

詐欺です。

名前
三浦

先払で詐欺にあいました。

複数譲っている方です。

気を付けて下さい。

返信

投稿日
14/3/1 (土) 11:54
名前
なかぎり

私も被害にあいました。警察に来週いくのですが同一人物の可能性ありますね。
情報交換しましせんか?

投稿日
16/12/31 (土) 03:41
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。100

投稿日
14/12/6 (土) 23:29

福山雅治

先振込要求は100%詐欺と思って!

名前
ご注意を

この掲示板には、よく

「定価(+手数料)のみで譲ります。ご連絡お待ちしてます。」

のような文面をたびたび名前やアドレス(フリーメールやGmail)を変えて

載せてる詐欺師が出没してます。

「遠方のため、手渡しできない。忙しくて代引き手続きで郵便局に行く時間がとれない」

など理由をつけて、心の隙につけこんで先振込を要求してきます。

絶対に振り込んではだめです。いくら、探していた公演のものでも冷静になりましょう。


私も直前で免れた経験者です。

掲示に「○○県(本州)在住です」と記載したメールを送ったら、「○○県(九州)在住なので

△△市(九州の都市名)近辺でなら手渡しできると思いますが」と不可能なことを提示し、

「無理ですよね?無理ならゆうちょに振り込んで下さい。忙しくて郵便局へ行けないので

入金確認後すぐにコンビニからレターパックで発送します。」

と言ってきます。応じないようにしましょう。時分の身は自分で守りましょう。

返信

投稿日
14/12/7 (日) 03:22
名前
雅子

警察に行っても、解決できませんか?
私...二万円失敗してしまいました。
警察に行こうと思っています。

投稿日
14/12/7 (日) 08:23
名前
確かに

メールでなく電話でやり取りしたいと言ってから、音信不通になりました。
支払いに前で良かったけど...こちらの連絡先を教えてしまったのが心配

投稿日
14/12/7 (日) 08:48
名前
雅子様へ

警察もそうですがまずは、
ゆうちょならば、ゆうちょコールセンターに電話をして
事情を説明し、口座番号、名義を伝えた方が良いと思います。
銀行も同じです。

投稿日
14/12/7 (日) 09:14
名前
愚か者

人として、恥かしくないのか?

みなさん、警察署と金融機関には必ず届けをだしてくださいね




投稿日
16/12/31 (土) 03:41
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。000

投稿日
14/12/12 (金) 21:34

福山雅治

要注意

名前
はな

チケット代金を振り込みで指定してくる人とは絶対に取引しないでください。
まず、チケットが届く事はないと思って間違いなし!
代引き、手渡し以外の取引は騙されると考えて、代引きの場合で中身が見える封筒であってもチケットをコピーしたものが入っていることもあるので、しっかり確認して、慎重に取り引きして下さい。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:41
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。99

投稿日
15/8/8 (土) 20:36

福山雅治

お譲り先探してます。

名前
のん

明日、9日(日)日産スタジアム
BROS枠2枚余ってます。
友人が急に行けなくなり、お譲り先をさがしております。
チケット受け渡しは、会場付近でお願いいたします。
少しですが値引きも考えておりますので
よろしくお願いいたしますm(__)m
連絡お待ちしております。

返信

投稿日
15/8/9 (日) 03:25
名前
みゆき

夜分遅くに申し訳ありません、BROS枠といことは、ファンクラブのピクチャーチケットでお間違えないでしょうか?

ぜひ譲っていただきたいです。

投稿日
16/12/31 (土) 03:40
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。98

投稿日
15/8/8 (土) 12:58

福山雅治

同行者求む☆

名前
ゆきな

一緒に行く予定の友達が熱を出してしまい、行けなくなってしまいました。
急なのですが、どなたかご一緒して下さる方いらっしゃないでしょうか。

ファンクラブ枠でのチケットです。
当方、東京在住、40代女性です。
よろしくお願い致します。

返信

投稿日
15/8/9 (日) 08:51
名前
メロン

ゆきなさん。今日のチケット探しいます。割引 していただけると助かります。

投稿日
15/8/9 (日) 09:07
名前
ゆきな

ご連絡ありがとうございましたm(__)m
申し訳ございません。
同行していたただける方が決まってしまいました。

投稿日
16/12/31 (土) 03:40
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。97

投稿日
15/8/9 (日) 09:20

福山雅治

チケット譲ります

名前
ひいろ

ファンクラブで取りましたが1枚余りました。ご一緒していただける方がいらっしゃれば連絡ください。
40代女性です。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:40
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。96

投稿日
15/8/8 (土) 15:50

福山雅治

福山雅治

名前
リキ

8月9日 日産スタジアムのチケットありませんか?

返信

投稿日
15/8/8 (土) 17:39
名前
とも

9日チケット1枚でしたら、有ります。値引きします。よろしかったら連絡して下さい。

投稿日
15/8/9 (日) 09:34
名前
ゆう

1枚有ります。
ローソン枠の女性名義です。

投稿日
16/12/31 (土) 03:40
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。95

投稿日
15/8/9 (日) 12:42

福山雅治

現地で手渡しします!定価以下!

名前
みゆ

本日現地で手渡しいたします。ピクチャーチケットです。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:40
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。94

投稿日
15/8/9 (日) 12:41

福山雅治

今、西ゲートにいます。

名前
ゆう

チケット1枚 譲ります。

返信

投稿日
15/8/9 (日) 15:00
名前
みみ

一枚探しています。
お値段はおいくらになりますか?

投稿日
15/8/9 (日) 15:45
名前
nana

またありますか。
よろしくお願いいたします。

投稿日
16/12/31 (土) 03:40
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。93

投稿日
15/8/9 (日) 15:46

福山雅治

8/9 FC枠 お願い致します。

名前
nana

BROS枠1枚希望です。
余りのある方、譲っていただきたいです。
よろしくお願いします。

返信

投稿日
15/8/9 (日) 16:08
名前
いわし

FC枠1枚余ってます。

投稿日
16/12/31 (土) 03:39
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。92

投稿日
15/8/9 (日) 22:59

福山雅治

8/29譲ってください

名前
キティ

8/29(土)稲佐山 2枚譲ってください!
飛行機もホテルも予約済みです。
ドタキャンは絶対にいたしません。
同時入場など条件がございましたら、可能な限りお合わせいたします。
大変貴重なチケットとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:39
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。91

投稿日
15/8/11 (火) 20:10

福山雅治

譲ってください

名前
はち

8/29(土) 稲佐山1枚切実に探しています。
お譲り、同行どちらでも大歓迎です。
お心当たりの方からの連絡お待ちしています。

関西在住 女性

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:39
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。90

投稿日
15/8/12 (水) 23:51

福山雅治

譲ります

名前
たま

29日2枚お譲りします。
チケットが未着の座席はまだためわかりません。
取引は代引き希望です。
御希望の方がいらっしゃいましたら簡単なプロフィールと必要事項希望金額を明記してご連絡ください。

返信

投稿日
15/8/13 (木) 09:46
名前
福山

詐欺かも。
定価じゃないならオークションへどうぞ。
代引きって中身は本当はチケットか分からないでしょ?
だから、オークションへ出せないんじゃないの?
弱味につけ込む悪い輩や詐欺は周りにいっぱい。
自己責任だけど、皆さん冷静に。
そして、チケットの転売は禁止されてるから。

投稿日
16/12/31 (土) 03:39
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。89

投稿日
15/8/13 (木) 18:49

福山雅治

29日2枚お譲りください

名前
koko

どうしても29日(土)行きたくて探しております。
2枚は大変難しいのは承知しておりますが、少しでもチャンスがあればと思いましてこの場をお借りいたしました。
29日は早くから行く予定です。
できるかぎりのことはさせていただきますので
よろしくお願いします。
当方が持っている30日のチケット(30日に行けなくなったので)との交換でもかまいませんのでよろしくお願いします。

返信

投稿日
15/8/15 (土) 15:39
名前
あい

はじめまして。
29日BROS枠があります。
失礼ですが・・
どちらの枠でしょうか?

投稿日
15/8/15 (土) 20:43
名前
まーしゃ

あいさま

はじめまして。横から失礼いたします。
30日BROS枠2枚あります。
もしkokoさんとの交換が決まらなければご検討いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿日
15/8/15 (土) 21:19
名前
あい様

返事が遅くなり申し訳ございません。

私が持っているのは、BROS枠2枚です。

もしよろしければ交換していただきたいのです。

直接メールください。

よろしくお願いします。

投稿日
15/8/16 (日) 13:25
名前
koko

あい様

返信の仕方を間違えまして申し訳ございません。

私が持っているのは、BROS枠2枚です。

もしよろしければ交換していただきたいのです。

直接メールください。

よろしくお願いします。

投稿日
16/12/31 (土) 03:39
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。88

投稿日
15/8/18 (火) 22:23

福山雅治

お譲ります

名前
まー

30日のチケット2枚お譲りします。
残念ながら行けなくなってしまいました。
お渡し方法は代引でお願いします!!
定価+発行手数料負担でお願いできる方ご連絡ください。
日にちも迫ってきてるので、19日水曜までに連絡いただいた方で締め切らせてください。
お譲りする方には20日木曜じゅうにご連絡します。
よろしくお願いします。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:38
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。87

投稿日
15/8/20 (木) 19:20

福山雅治

稲佐山チケットお譲りください

名前
ひよこ

29日、1枚。お譲り頂けないでしょうか?
どうかよろしくお願いいたします。

九州在住40代女性です。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:38
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。86

投稿日
15/8/24 (月) 09:35

福山雅治

稲佐山 両日 探しています。

名前
みい。

関東から遠征の予定ですが、
いまだチケットがありません。

両日、1枚~探しています。

よろしくお願いします。

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:37
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。85

投稿日
15/8/25 (火) 08:07

福山雅治

譲って下さい

名前
ましゃ大好き

ライブビューイングのチケット1枚譲って下さる方いらっしゃいませんか。
浦和でもいいです。

宜しくお願いしますm(__)m

返信

投稿日
16/12/31 (土) 03:37
名前
凋落を囁かれる福山雅治は何を間違えたのか

2015年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚した福山雅治(47)。2016年は伴侶を迎えての1年となり、第一子誕生の吉報もあったが、一方で仕事面では不調続きの年となった。結婚を機に人気が急落したという見方をされがちだが、果たして本当にそうなのだろうか?
4月クールに放送された月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)では、ヒロインとの年齢差が23歳という設定に加え、実年齢においては27歳もの差があるという“年の差恋愛”に挑戦することとなった福山。結果は全話平均視聴率が8.4%で、当時の月9ドラマワーストを更新するという悲惨な結果に終わってしまった。2016秋クールの『カインとアベル』(フジテレビ系)が月9ワーストをさらに更新したことで、現在は最下位を脱出することができたわけだが、これまでに主演してきた作品、たとえば大河ドラマ『龍馬伝』(NHK系)の18.7%、『ガリレオ』(フジテレビ系)の第1シーズン21.9%、第二シーズン19.9%という結果と比べると、『ラブソング』はやはり「急落」の印象が否めない。
結婚後初の出演作ということで、メディアからの注目度自体は高かった。しかし、20歳以上もの年齢差でのラブストーリーという初期設定でつまずいた。いくら福山とはいえ、47歳の男性が20歳の女性とピュアな恋愛をするという設定が奏功しなかったのだ。いわゆる“福山ロス”で失った女性ファンを恋愛もので引き戻したいという思惑もあったのかもしれないが、まったくの逆効果になってしまったようだ。最終的に脚本は二転三転したのだろう、ストーリー上、福山とヒロインが結ばれることはなく、なぜか唐突なヒロインの難病設定が投入され、主題が見えなくなっていった。最後まで迷走した作品である。
10月には主演映画『SCOOP!』が公開されたが、こちらも興業成績が振るわず惨敗状態。邦画界が活気づいていたにもかかわらず、である。同作は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した凄腕カメラマンがド新人記者とのコンビ結成を機にスクープを連発するというサクセスストーリー。恋愛がメインテーマではなかったが、二階堂ふみとのラブシーンは用意されており、それ自体は必然性を伴うもので悪くはなかった。ただ、作品冒頭から(別の女優との)濃厚なセックスシーンを披露し、下ネタ全開、セクハラしまくりというゲス野郎を演じるということが大々的にプロモーションされ、「男の色気」を猛プッシュしたことが観客を遠ざけたのかもしれない。最終的な興収は10億に届かないと予想され、2013年公開で高評価を受けた主演作『そして父になる』の最終興収32億との差は大きい。
今年の不調を、「福山でも年齢には勝てなかった」「結婚によるファン離れ」と片づけることもできるが、どれだけ若くいようと努めても金太郎飴のように若さをキープすることなんてできないし、仕事だけに専念してプライベートを犠牲にする必要もない。福山とて不老不死ではないしイチ人間だ。問題は福山個人にあるのではなく、そのプロモーションだった。前出の『そして父になる』は方向転換するための絶好の機会であったが、またしても“イケメン路線”に走り、わざわざ「福山はカッコよくなくては」という固定観念を強化してしまった。今の福山に何が求められているのか、あらゆる関係者が見誤ってしまったのかもしれない。84